本文へ移動

軍艦羽黒戦没者慰霊碑

 大東亜戦争が勃発すると、比島攻略戦、スラバヤ沖・サンゴ海・第二次ソロモン・ブーゲンビル島沖・マリアナ沖及びレイテ沖の各海戦に参加して活躍した。
 昭和20年5月14日、羽黒は第五戦隊司令官橋本中将が座乗し、駆逐艦神風を率いて輸送物資を搭載してアンダマンに向けシンガポールを出撃した。
 16日の午前0時10分、敵(英国)駆逐隊と至近距離で遭遇した。駆逐艦1隻を撃沈したが、敵の魚雷と砲弾の命中により撃沈した。
 橋本司令官、杉浦艦長以下8百余名は艦と運命をともにした。
 碑は昭和46年5月16日建立された。
一般社団法人佐世保東山海軍墓地保存会
〒857-0842
長崎県佐世保市東山町182-1
TEL.0956-88-8397
FAX. 同上
メール.s-kaigunbochi@tvs12.jp
目的:
1.英霊の慰霊
2.戦没者、殉職者の調査、記録及び その情報提供
3.慰霊碑及び墓碑の維持管理
4.墓地内の清掃、美化その他環境整 備
5.英霊の慰霊の啓蒙
 
TOPへ戻る