本文へ移動

駆逐艦杉戦没者慰霊碑

 比島沖海戦ののち昭和19年10月末から12月中旬にかけて実施されたレイテ増援輸送作戦(多号作戦)に参加し、つづいて19年12月24日実施された礼号作戦に第一艇身隊の一艦として参加した。
 杉は護衛輸送作戦に従事し、終戦を内地内海西部において迎えた。戦後復員輸送に従事した後、昭和22年7月26日佐世保を出港し、8月1日上海で中華民国に賠償として引渡され、艦名を「恵陽」と変えられた。
 碑は昭和54年3月10日建立された。大戦中の戦死者43名の霊を祀る。
一般社団法人佐世保東山海軍墓地保存会
〒857-0842
長崎県佐世保市東山町182-1
TEL.0956-88-8397
FAX. 同上
メール.s-kaigunbochi@tvs12.jp
目的:
1.英霊の慰霊
2.戦没者、殉職者の調査、記録及び その情報提供
3.慰霊碑及び墓碑の維持管理
4.墓地内の清掃、美化その他環境整 備
5.英霊の慰霊の啓蒙
 
TOPへ戻る