本文へ移動

駆逐艦涼月戦没者慰霊之碑

 沖縄海上特攻作戦の昭和20年4月7日、爆弾の直撃を受け、大破孔を生じた。
 涼月は前部大破のため前進航行が困難となった。命により北方に退避することとなり、後進で北上し、翌8日佐世保に帰投した。
 涼月は修理完了後は、防空砲台として佐世保相浦湾に終戦まで係留されていた。戦後は姉妹艦冬月とともに、福岡県若松港の防波堤となった。歴戦の戦役者57名の慰霊塔は、北九州市若松区の高塔山中腹にある忠霊塔の東側に建てられてある。なお佐世保東山海軍基地にはその案内票が建っている。
一般社団法人佐世保東山海軍墓地保存会
〒857-0842
長崎県佐世保市東山町182-1
TEL.0956-88-8397
FAX. 同上
メール.s-kaigunbochi@tvs12.jp
目的:
1.英霊の慰霊
2.戦没者、殉職者の調査、記録及び その情報提供
3.慰霊碑及び墓碑の維持管理
4.墓地内の清掃、美化その他環境整 備
5.英霊の慰霊の啓蒙
 
TOPへ戻る